名古屋にお城巡りに行きました。

先日、名古屋に旅行に行ってきました。 主な目的は、私が好きなお城を巡ることで、名古屋城や岐阜城も見たのですが、やはり一番は犬山城です。

犬山城は名古屋城のようなダイナミックさはなく、規模の小さなお城ですが、なんといっても天守が現存しているというのが大きな魅力です。

例えば、名古屋城や岐阜城のように、外観だけは忠実に再現しているものの、内部が博物館のようになってしまっているお城が多い中で、犬山城は当時の内部が残っているのです。 そこには、戦闘のために必要な工夫がいたるところにあり、先人たちの知恵にとても感銘を受けます。

城内の階段も、階段というより梯子に近いのではというくらい急で、上るのも大変ですし、降りるのはもっと怖くて大変です。それは城内に敵が攻め込んできたときに、勢いをそぐ目的と防御しやすいような工夫からそうなっているそうです。

また、天井が低く、当時の日本人の平均身長は本当に今より低かったんだなと実感できます。 お城について学び始めると、知らないことが多すぎて、もっとたくさん知りたいと興味をかきたてられます。そのような意味でも、とても有意義な旅ができました。いつか、武士の甲冑を着て、実際に城内に攻め込んでみたいです。たぶん、不審者扱いされるとは思いますが。

缶バッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>