月別アーカイブ: 2015年10月

新渡戸稲造

先日、祖父の家を掃除する際、様々なものが出てきました。 中でもその場にいた人らを驚かせたのは昔の硬貨とお札のコレクションでした。

祖父が昭和になってまもない頃、近所の空き地を掘り起こした時に出てきた硬貨を中心に、10円札、100円札、500円札といったもの、ミレニアムを記念して製造された2000円札などお金博物館といった趣となりました。 中でも私は樋口一葉の前の新渡戸稲造が印刷された5000円札に感激してしまいました。

当時まだ若くて、当然5000円札など大金だった私はトランプで言う所のKINGが新渡戸稲造ぐらいな勢いで恐れ多い存在でありました。 それが今やどうでしょうか。

5000円札の重みお前は忘れてしまっていないかと己を克己し反省しました。お金の話は年々にシビアになってどんどん桁が増えていきます。
5000円札でえへらえへらしていた自分はもういません。でも、そういう自分も忘れてはいけないなあと深く心に刻んだのです。

幸せに鈍感になっている私の心を揺さぶるのは決まってお金の話です。昔から性格チャートなどをやると根っからの芸術脳タイプでお金に頓着しないとのことで、そういう訳かお金の話は自分のなかでどこかタブー視されていました。だから切羽詰まった時に俄然ぶち当たるのがシビアなお金の話というわけです。私がお金を真剣に考えていれば誰かを救えたのかななんて壮大な妄想はやめにして、身分相応の生き方をしていく所存です。

プリズンスクール 缶バッジ