月別アーカイブ: 2015年6月

意外と歴史のある缶バッジ

なんで「缶バッジ」はなくならないんだろう?とふと思ったのですが 缶バッジって結構昔からありますよね? 缶バッジを持っていなくても見たことがない人はいなんじゃないでしょうか?

そんな缶バッジについていろいろ調べてみると意外なことが判明しました。 彼ら(缶バッジ)は100年以上前から存在しているそうです!!驚きです。

今のように個人が自由に缶バッジを作り始めるきっかけとなったのが 80年代にアメリカで開催されたオリンピックがきっかけだそうです。

やっぱり歴史がある物は廃れない法則がここでも活きてますね! また、缶バッジは食玩や何かのノベルティで利用されることが多かったことから その分多くの人が缶バッジに触れることができたんだろうなと予測できます。

確かに私が小さい頃にも、缶バッジはすぐ身近にあって 親しみやすいアイテムでした。 作りもシンプルで、手作りの缶バッジとなると素朴な感じが溢れていて とても味がありましたね。

なかなか大人になるとそういったアイテムを身につけなくなるものですが 缶バッジは不思議と受け入れられるといいますか、 たまにひょんなことから手に入れたりしても、滅多なことでは捨てたりはしません。 缶バッジはとても不思議な魅力で溢れてます。