月別アーカイブ: 2013年11月

キーホルダー作成の案件がどっさりと★

今日はアクリルタイプのキーホルダー制作案件がドカッとありまして、割とフリーな立ち位置で働いている自分は今日はキーホルダー製作スタッフとしてコツコツと仕事をしています。

キーホルダー製作はアクリル、メタル、ラバーとさまざまな形状でアイテムをリリースしていますがやはりもっともニーズがあるのはアクリルタイプのユニフォーム型だと言えますね。

今日もそうですし。

クラスや部活、チームのグッズとしてというご依頼を大変多くいただきます。

去年の経験からすると本格化するのは12月末から2月くらいの卒業シーズンが一番盛り上がってくる期間ですのでそれまでにもう少し製作体制を整えておく必要はあるかと思いますが、そのように考えなくてはいけない状況というのはなかなかうれしい状況と言えるのではないでしょうか。

今後はラバーストラップも多く波及させていきたいと思っていますのでそのあたりのWEBサイトの見せ方などラバーストラップに関してももっと考えていくべき点はあるように感じています。

八方手をつくりして今の状況ではこまってしまうのですが手をつけてみたいと感じる部分がまだまだあるということは会社にとっていいことですよね。

もっともっと伸びしろがあるかもしれないということですからね。キーホルダー事業の方は1年半が経ちまして缶バッジ程ではないにしてもずっと右肩あがりな状況にあぐらをかかずに常に変化を求めて前にすすみたいと思います!

オリジナルTシャツの作成

うちの会社では缶バッジの製作がメインなのですがオリジナルTシャツのプリント事業も展開しています。

夏はやはりTシャツ印刷のご依頼が多いのですが最近はやはり依頼の内容も変わってきています。

季節柄厚物が多いですね。

ということで最近ではブルゾンやスウェットなどの展開を強めていっています。

サイト名でいうとオリジナルTシャツプリント工房とうたっていますが、Tシャツに限らずウェアプリント全般を扱っています。トートバッグなんかもプリントできますよ★

最近のニューリリースを少し紹介します。

プリントアイテム・スウェット一覧

【ブルゾン・ジャケット系プリントアイテム】

Print Star イベントブルゾン 00051-ET

Print Star ユーティリティブルゾン 00046-UB

Print Star スタジアムジャンパー 00057-SSJ

Print Star イベントベスト 00006-EV

Print Star アクティブベンチコート 00230-ABC

ブルゾン系はもっともっとあるのですがまた次回に!

どのアイテムも冬のこの時期に寒さから体を守ってくれる一押しアイテムですよ★

スウェット系はシルクスクリーン印刷、インクジェット印刷、転写プリントと仕様を選ばないアイテムなのですが、ブルゾン系は断然転写プリントがオススメです。

こちらは堅牢度も高く、フルカラーで高精細、さらに版代がないので1枚からのご依頼も可能です。

ぜひぜひ!

ノベルティグッズという

このブログでは主にオリジナルグッズという検索ワードでの上位表示を目指してがんばっているのですが、最近は結構よい位置にこれているのでこれからはノベルティというワードでもがんばっていこうと思います。

オリジナルグッズもノベルティグッズも似たようなものですしすね。

ノベルティというと販促品という意味なので主に企業向けという意味合いで使われることが多いような気がします。

一般的にはノベルティというとクリアファイルとかペンとかが多いのかな。

ということで考えるとうちはまだまだ取扱いアイテムは少ないかもしれないけど、一応一押しは缶バッジですしね。

オリジナルグッズつくろうかな。ノベルティグッズつくろうかな。

という感じで検討段階の方に、缶バッジはどうですか?

と提案できるような存在にまずはなりたいと思います。

缶バッジはかなり低価格でつくれますし、このアイテムをもっともっと多くの方に知ってもらいたいと思うので。

だからがんばります!

そこで良い位置を獲得できたら取扱いアイテムを増やしていくことに力を注いでいきたいなと!

新人採用が決定!

今回の募集では3名の新人さんを採用しました。

1人は正社員、2人がアルバイトです。

それに通いの内職さんも今月から時給社員になったので実質4人増えたという感じですかね。

うちのような小さな事業所では4人も人が増えるというのはちょっとした事件です。

大丈夫なんでしょうか。

人が増えたら増えた分売上もあげなくてはなりません。今まで受け身だった人員の補強に関して、今回はちょっと強気に自らをいじめるつもりで進めてみました。

とは言え根が弱気なのでこれでも普通に比べれば石橋をたたいている方なのかもしれませんが・・・。

今までオリジナルグッズの製作の、とりわけ缶バッジ製作の集客はネットに頼っていた部分が強いのですがこれからは新しい集客方法を確立していかなくてはいけないと感じています。

それができれば我が社はかなり強くなれる気がします。やはりフェイストゥーフェイスの付き合いというのはいつの時代も大事なもので、その辺りは今後強化していきたいと思います。

足をつかった営業はそれなりにリスクもあるので便利なものを使って、ただこれまでよりも少し足を使う事、アナログな仕組みづくりもしていきます。

ノベルティグッズの製作業界はこの夏かなりの盛り上がりをみせていたように感じていますが、そこを利用してちゃんと利益を出してるところと出せていないところがあるようです。

我が社は、、、一応利益は出せてるけど・・・。けどって感じですかね。

まだまだ改善点は多くありますし、もっともっとお客様に喜んでいただけるサービスの追及はできると思っています。

少し前のめりにがんばってみようかと思います★